彼女と別れて1年3ヵ月と4日経過・・・食費1万円

お世話になります。

サルです^^

 

二年半付き合った彼女と別れて一年3ヵ月と4日経過しました。

彼女と関わった期間、合計三年9ヶ月4日です。

 

彼女と別れて先月の食費を計算してみました。

すると1万円以下・・・厳密には9,000円程しか掛かっておりませんでした。

月に約1万円です。

凄くないですか?

いや~これは凄いメリットです。

 

彼女がいたときは、週に最低一回はデートに行きましたので、食事代金だけで月に約20,000円は掛かっておりました。

家の食事代金と合わせれば約3万円です。

それが彼女と別れて約1万円の食費になりました。

 

それにガソリン代も本当に掛かっておりません。

週に一回のデートで約50キロは車に乗ったりエアコンをきかせるためにアイドリングしながら車の中で話すので、ガソリン代が月にデートだけで、5,000円は掛かっておりましたが、それも0円です。

 

貴重な時間も自分の時間に使えますし、電話の時間も無いので自分の時間に使えます。

髪の毛もお洒落にしなくていいので、セルフカットでいいし、本当に金が掛かりません。

 

映画とか二人分で約4,000円も掛かりますが、その金も要りませんし、カラオケやボーリングなども行きませんので、その金も掛かりません。

映画は今やネットで動画など見れるし、カラオケもボーリングも対して好きではありません。

最近はCDも買っていないので歌いたい曲が無いのです・・・

なのでカラオケに行っても「愛は勝つ」とか「それが大事」とかしか歌えません。

 

あとは、夜のお泊り代金も不要ですし・・・本当に金が消費されないのです。

お泊り代金はかなり金が掛かります・・・

 

彼女の維持費を今になって考えてみると、月に3~5万円は掛かっていたのだということに、今になってようやく分かって来ました。

それに貴重な時間もそがれるので、金額にしたら月3~5万円・・・それ以上は本当に掛かっていたと思います。

 

長く付き合えば付き合うほど・・・金が減っていき、自分のスキルアップする時間も無くなっていったのだということを、別れて今になり、分かりました。

 

彼女を失いましたが、今では貴重な時間とデートなどでの経費が掛からない生活を手に入れました。

何かを失えば何かを得ることができるとはまさに、この事だと痛感しました。

 

反対に彼女をまた手に入れたら、貴重な時間とデートなどの経費を失うことになるということです。

彼女の維持費は家のローン並みに高いです。

が・・・桃源郷のようにデートや食事が楽しいので、別れるまで気が付かないのだと思います。

いえ、気が付いているけど、金が掛かる事を割り切っているのだと思います。

仕方ない・・・と・・・

 

今、彼女と別れて・・・得るものの大切さに気が付きました。

自由な時間とストレスの無い生活!

デートなどでのお金の掛からない生活!

この生活をデフォルトにすればもはや一生彼女のいない生活でも慣れていき生涯独身でも寂しくない生活ができるのではないかと最近思うようになってきました。

 

しかし・・・現在34歳・・・

恋愛や婚活での最後の賭けができる年齢です・・・

やはり彼女は欲しいですし、デートも楽しみたい・・・

 

食事での彼女と一緒に店内に入る優越感・・・高揚感・・・

これをもう一度・・・味わいたいのかもしれません・・・

 


コメントを残す