ダイエット方法30代男・胃袋がでかくなり食欲は止まらない

ダイエットの基本は欲望を抑え込むことです。

それができないと、いつまでたってもデブのままです。

ダイエットをするサル

デブの皆さん、ダイエットしてますか?

サルは常にダイエットをしております。

 

サルも皆さんと同じ今世紀最強最悪のデブでした。

元々は90キロ以上体重がありました。

顔もパンパンで目も腫れぼったくなっておりました。

 

腹もブヨブヨで3段腹以上の腹でした。

5段腹6段腹なんて当たり前の腹でした。

下手したら10段腹だったかもしれません。

とにかく今世紀最強のデブでしたからね・・・

 

しかし、その今世紀最強のデブが現在では、体重60キロです。

なんとかダイエットを継続し175センチ60キロを常にキープしております。

デブの極度のストレスをお菓子が救う

デブの人間は一般的に「自己管理がなっていない!」と言われます。

「自己管理がなっていないからデブだし、部屋も散らかり放題なんだ!」と頭ごなしに言われます。

そのたびにムカつく思いをし、腹を立て憤りを感じムシャクシャしながら生きております。

つまりストレスとコンプレックスの固まりとなり生きているのです。

デブのストレスは半端ない

そのストレスは半端ではありません・・・

半端ではないからストレス発散のために、目の前の欲望に手を差し伸べてしまうのです。

その欲望とは食欲です。

 

目の前のお菓子をストレス発散のためにガツガツむさぼり食べるのです。

ものすごい勢いでガツガツとむさぼりながら食べる姿はもはや人間ではありません。

ストレスの塊が、お菓子にむさぼりついているおぞましい姿なのです。

 

一心不乱にお菓子を食べつくす。

ストックしていたお菓子まで食べつくすのです。

挙句の果てにコンビ二までノソノソと歩き出しコンビ二でお菓子を大量買いするのです。

 

「ストックがないと落ち着かない・・・」

「お菓子のストックがないと気がおかしくなる・・・」

その気持ちで面倒なコンビ二さえもお菓子の欲望に負けて行こうとするのです。

痩せた方がいいと言われる

家族や学校の先生、医者、皆から「痩せた方がいい!」と常にデブは言われます。

健康のために痩せた方がいいのは分かっているのです。

けど、そのたびにストレスがマックスになり、マックスを超えると自分でも制御できなくなるのです。

で、その制御できなくなったストレス発散のためにお菓子をほおばるのです。

お菓子はうますぎる

お菓子はうめえ!

本当にお菓子はうめえんです。

うますぎるんですよ・・・

 

とくにスナック菓子は最高ですよね。

一度食べると止まらなくなるのです。

 

止まらなくなるので、最後の最後まで食べてしまう。

その後、更にもう一袋・・・もう一袋・・・とストック全部たいらげてしまうのです。

 

他にもチョコやケーキ類は最強にうまいです。

あのクリームがたまらないんですよね~

めちゃくそうまいんです・・・

 

一瞬でストレスが発散されるくらいうまいんですよ。

本当に食べれば満足し幸せな気持ちになりますからね。

 

なんで、あんなに幸せな気持ちになるんだろう・・・

本当に理解できませんが、安心感に包まれることは確かです。

本気で「生まれてきて良かった~」って思いますからね。

お菓子は偉大です・・・

お菓子の依存をやめないかぎりデブから卒業できない

デブがいかにお菓子が大好きかやめられないか分かっていただけたと思います。

デブはストレスとコンプレックスの塊です。

幼少のころから、家族や先生から「健康のために痩せた方がいい」と言われ続けてきたので、それがコンプレックスになっているのです。

 

「刷り込み効果」ですよね・・・

痩せた方がいい、痩せた方がいい・・・そればかり言われ続けているので、自分は駄目なデブだと思い込んでしまうのです。

本当にデブの心の傷は深いのです・・・

 

デブだって痩せたいと思っております!

本気で痩せたいと思っておりますし実施を何度もしてきました!

しかし・・・そのたびに断念してきたのです・・・

断念するからそのままデブのままなのです・・・

どうすればダイエットできるの?おせーて!(涙)

どうすればサルのようにダイエットすることができるのか?

それはね・・・

「目の前の欲望物を取り除く」ことです!

 

目の前にお菓子を置かない!

てか、部屋にも台所にも冷蔵庫にもお菓子を置かない!

つまり家族の協力も必要なんです。

 

とにかく家の中にお菓子を置かない!

そうすれば、お菓子をストレスがたまったときに衝動的に食べることを抑えることができるようになります。

 

正直お菓子を食べ続けているうちはダイエットなんて成功しないと思います。

お菓子は食べれば食べるだけ太りますし、カロリーはかなり高いですからね・・・

普通に菓子パンのカロリーを見ると400キロカロリーとか余裕であります。

 

つまりお菓子+普通の食事をしていればどう考えてもデブになるでしょう。

「運動すればいいや!」ってデブがいますが、運動していないからデブになっていると思います。

部屋でさえ散らかり放題ですからね・・・

 

なので、デブを卒業するためには、どうしてもお菓子を食べないようにするステップが必要になると思うのです。

お菓子を食べないようにする・・・まず、このステップを抑制しないかぎりデブがダイエットすることは難しいと思います。

欲望は求めれば求めるほど膨らむ

欲望はね・・・

求めれば求めるほど膨らんでいくのです。

その反対に抑制すればするほど、しぼんでいくのです。

 

しかし、気をつけなければならないことがあります。

抑制している最中に、ケーキを見たり食べ放題に気分転換に入ったりしたら・・・

一気に欲望が爆発し最大級のリバウンドが起こるのです!

これを「ビッグバン!」と呼びます。

 

ビッグバンが起きれば、欲望に火がつきその日から更に欲望を求めるようになるのです。

つまりほんの少しの気分転換で一気にデブが更に激デブになる可能性を秘めているのです。

 

ビッグバンを体験したことがあるデブは多いと思います。

そのたびに更に強固なデブになる・・・

 

デブはダイエットとビッグバンを何度も何度も繰り返し、そのたびにデブの最大値が増していくのです。

これを「スーパーデブヤジン現象」といいます。

 

一度、デブになると胃袋の最大値が増し、普通の人の食事では満足できなくなります。

満足できないのでストレスもマックスに膨らみます。

 

イライライライラしているのです・・・

そのイライライライラしているデブの顔がスゲームカつくのです・・・

だれよりも早く飯をぺロリとたいらげて他の人の食事をじっと見ている姿・・・

本当に腹が立ちます・・・

 

何故腹がたつのか?

それは、デブは必ずこのセリフをいうのです・・・

「ちょっともらっていい」・・・というのです・・・

これがスゲームカつきます。

 

食べている人間からしたら・・・非常に迷惑です。

「もっとゆっくり食えよ!」

「味わって食えよ!」

誰もが思いますが、ソッコーでぺろりと食べ、普通に食べている人に「食べれないならもらってあげようか?」といい人の食事を横取りして食べようとする・・・本当に腹が立ちます・・・

欲望を一度断つと自然と欲望は収まる、胃袋が小さくなる原理と同じ

欲望を断つのは非常に難しいことが分かっていただけたかと思います。

しかし、欲望を断つしか方法がないのも確かです。

 

考えてみてください。

ダイエット器具やダイエットサプリを買っても、お菓子をガツガツ食べててダイエットできますか?

 

お菓子は食べれば食べるほど食べたくなります。

その理由はおいしすぎるから・・・

なので断つのは非常に難しいです。

だからこそ、お菓子の量が増えてデブるのです・・・

 

どうしても痩せたい場合は、リバウンドをしないように家族や友達の協力も必要になります。

ある程度、協力してもらい、胃袋が小さくなればその後はお菓子への執着心も消えると思います。


コメントを残す