寝ても寝ても眠い!病気なのか?1日15時間睡眠は過眠症なのか?

寝ても寝ても眠いサル

最近睡眠時間が半端ないです。

毎日15時間以上睡眠しております。

 

今日は深夜0時に寝て、昼の15時に目が覚めました。

つまり15時間睡眠です。

最近は毎日15時間以上睡眠しております。

 

例えば、頑張って8時間睡眠にしても疲れて布団に寝転がってしまいます。

気がつけばそのまま眠りこけております。

布団に横になればすぐに眠れる・・・そんな状態です。

 

今でも布団に横になればすぐに眠れる自身があります。

なぜか分かりませんが、すぐに眠れるような体質になりました。

喜ぶべきか・・・直さなければならないべきか・・・分かりません。

1日の稼働時間

1日の稼働時間は恐ろしいほど短いです。

15時間睡眠なので、稼働時間は9時間です。

9時間しか起きておりません。

 

つまり小学生よりも短い稼働時間なのです。

小学生でも朝の7時には起きて学校に行きますよね。

帰る時間が16時ごろです。

寝る時間が21時ごろだと思います。

 

つまり小学生でも14時間は稼動しているのに、サルは9時間しか稼動しておりません。

小学生よりも5時間も少ないのです・・・

これを一ヶ月で計算すると、5時間×30日なので150時間。

つまり、約6日も小学生より一ヶ月が少ない人生を歩んでいるということです。

小学生の30日が、サルにとっては24日しかないということです。

 

一年ならさらに大変な差がついてしまいます・・・

てか、幼稚園児よりも少ない稼働時間かもしれません・・・

1日15時間睡眠は計算すると本当に恐ろしい睡眠時間だと思います。

 

「なんか時間が経過するのが非常に早いなあ・・・」

「もう夏かあ・・・」って人間は睡眠時間が多くて稼働時間が少ない人間が多いのではないかと思います。

つまり1日のほとんどを寝る時間に使っていれば、普通の小学生よりも覚醒している時間が少ないので、時間が経つのが早いと感じてしまうのではないかと思います。

毎日眠いしすぐ眠れる

毎日眠いです・・・寝ても寝ても眠いのです・・・

布団に横になれば何時間寝ていてもすぐに寝れちゃう・・・

眠れないって人の気持ちがまったく分からないくらい寝れちゃいます。

 

それも一過性ではなく毎日です・・・

最近では部屋が40度も気温が上昇するので、起きたらものすごく気持ち悪くなります。

唇が痙攣してますからね・・・

頭もガンガンするし・・・

 

夢と現実があべこべになっているんですよ・・・

「これが現実なのか?」って本当に起きた直後は思いますからね・・・

 

まさか自分が最低最悪なニートだということを脳が拒否しているかのように感じます。

最近とくにそう思うので、寝るしか楽しみがない状態です。

なので、寝ることに関してはそれほど悩んでおりませんが、稼働時間が9時間だというのを知ると、やはり焦りますね。

コーヒーを飲んでも眠たい・・・1日ブラック5杯

毎日コーヒーを習慣で飲んでおります。

それもブラックで5杯以上・・・

それでも眠いです・・・

もはやカフェインの意味がなくなっております・・・

カフェインに耐性があるのかどうかは分かりませんが、カフェインが効かない状態になっております。

気になり色々と調べてみた

色々と調べてみました。

病気なのかどうかわかりませんが、「過眠症」とか「睡眠障害」の類ではないかと思います。

どう考えてもサルの症状は過眠症に近いです。

過眠症は夜にしっかり寝ても昼間につよい眠気がおそってくるそうです。

まさにサルの症状ではないかと思います。

 

過眠症になると覚醒が困難になるそうです。

覚醒とか、アニメの世界だけではなく、現実の世界でも覚醒する必要があるのですね・・・

起きることが覚醒なのだとは思いますが、おそらく目覚めるのが困難になっているのではないかと思います。

 

このままニートの状態なら、過眠症でも問題ないですが、社会生活を考えるとかなりやっかいですよね。

なので、本当に真剣に向き合わなければならないと思います。

解決方法は規則正しい生活リズムに戻す方法しかないのか?

以前までは、普通に1日7時間睡眠で稼働時間も17時間可動できておりました。

つまり現在の稼働時間が9時間なので、約2倍も稼動できていたのです。

それを考えると凄いですよね・・・

 

今の1日が以前は2日分も稼動できていたのですから・・・

つまり今の1ヶ月は以前で計算すると2ヶ月分の価値があったということです。

 

てか・・・今の1ヶ月が以前の半月の価値しかない・・・とも考えられますよね・・・

そう考えると、1日15時間睡眠は本当におそろしい病ではないかと思ってしまいます・・・

人生の貴重な時間が簡単に消費されているのですから・・・

それも30代の大切な時間が・・・

 

このまま40代を迎えたらさらに頭が働かなくなり、眠気が強くなるのではないかと本気で不安になります・・・

それをなんとか回避するために、以前の自分を取り戻そうと思います。

 

つまり生活リズムの改善です。

明日からは夜の21時に寝て朝の4時に起床する以前の生活リズムに修正していこうと思います。

生活リズムの修正方法

ずばり何でも後回しにするから修正したくてもできないんだと思います。

寝る3時間前に内職をしてブログを書いて掃除をして体操をして風呂に入って歯磨きをして・・・

つまり寝る直前まで、まだ時間あるからってダラダラ過ごしているのがいけないんだと思います。

だから気がつけば深夜0時を毎日迎えているのです。

 

寝る3時間前には全て済ませとく!くらいのほうがいいのかもしれません。

つまり21時に寝るなら18時までに全て済ませておけばすんなり21時に就寝できると思います。

明日から、寝る3時間前までに全てを済ませる生活を送ろうと思います。

 

今回はマジで真剣です・・・

このままだと本当に人生が終わっちゃいますからね・・・

追記:最強の解決方法を見つけた

色々とあれから悩んでおりました。

で、ついに最強の解決方法を見つけました。

 

睡眠時間が15時間で、稼働時間が9時間・・・

何故そうなるのか?それは、何でもかんでも後回しにするから寝る時間が定まらずに深夜0時を超えてしまう。

超えてしまうので、生活リズムが狂って過眠症になってしまう。

 

では、どうすればいいのか?

それは規則正しい生活を送ることを目指す。

つまり21時就寝、4時起床。

このスケジュールが壊れる恐れがあるのが、「何でもかんでも後回しにする」という原因があるから。

 

なので、昼12時までに1日にすべきことを全て終わらせる!

朝4時に起きたら昼の12時までに1日にすべきことを全て終わらせるのです。

朝の4時から昼の12時まで8時間あります。

この8時間で全て終わらせる。

 

そしたら、どう考えても夜の21時にすんなり布団に入ることができるようになると思います。

いや~・・・頭がいいというか!最高の作戦です。

さすがサル!

とりあえず明日から実施します。


コメントを残す