生活リズムを整える方法!寝る時間と起きる時間を見直そう

生活リズムを整える方法

生活リズムがめちゃくちゃです。

正直危機感を感じております。

 

先ほど、寝ていたんですが身体がものすごく暑くなり発汗しておりました。

ちなみに夜飯を18時に食べてそのまま21時まで寝てました。

これで本日の睡眠時間は15時間は寝ていることになります。

 

起きてからしばらく動けませんでした。

頭がガンガンして、気持ち悪くて吐き気がして、吐き気を抑えるので精一杯でした。

 

もしかしたら、生活リズムが狂いに狂い、自律神経がいかれてきたのかもしれません。

目も物凄く疲れますし、とにかく身体がだるくて重いです・・・

生活リズムが狂ったおかげで、体調にかなりの支障が出ているような気がします。

 

ちなみに現在の生活は寝る時間も起きる時間も定まっておりません。

「寝たいときに寝る、起きたいときに起きる」このような生活スタイルです。

 

なので、眠気がくると朝だろうが昼だろうが夜だろうが布団にバタンキューです。

起きると先ほどの状態になります。

身体がだるく吐き気がして吐き気を我慢するような状態になります。

 

今日は、本当に体調に危機を感じましたので、明日から起きる時間だけ固定しようと思います。

寝る時間の固定はかなり難しいです。

友達から電話が来たり、風呂に入るのが遅れたり、色々な弊害があります。

しかし、起きる時間の固定は目覚まし時計さえセットすれば比較的簡単だと思います。

 

生活リズムを整える方法は、寝る時間と起きる時間の固定だと思います。

しかし寝る時間の固定は先ほどいいましたように難しいのが現状です。

なので、起きる時間を明日から固定しようと思います。

 

ちなみに起きる時間は朝の4時半です。

明日から朝の4時半に起きようと思います。

 

なぜ朝の4時半なのか?

それは夜の21時に寝て7時間半後が朝の4時半だからです。

睡眠時間は1時間半刻みがいいといいますよね。

それを基準に考えて、最終的には夜の21時睡眠、朝の4時半起床を目指したいと思います。


コメントを残す