君の名はのパンフレットが売り切れ状態!?通販に在庫が!?

「君の名は。」の映画は現在超絶!大人気映画だょ。

ヤフーのトップニュースにも載っていたしツイッターでも物凄く話題なんだょ。

 

興行収入は、2日間で約7億7000万円突破したんだ。

観客動員約59万人突破!2日間でだょ

本当に凄すぎる映画なんだょ。

 

そして公開10日目で38億円を突破したそうだょ!

累計動員は299万人…かなりの人数が見ているんだょ。

相当すごい反響だと思う!

 

評価も凄く高いんだ。

めちゃくちゃ感動するし、とにかく泣ける!

感動の嵐が映画館で巻き起こっているんだょ。

 

この世知辛い世の中…感動なんてそう簡単に見つからない。

感動して涙したくても、中々感動なんてできる機会がないんだ。

けどね、映画館の中だけは、感動が物凄く巻き起こっている。

 

だから皆、感動したくて「君の名は。」を我先にと鑑賞しに行っているんだ。

人間はね…感動を求める生き物なんだょ。

 

芸術品は感動するょね。

映画もまさに芸術品なんだ。

 

世代を超えて感動が君を待っている。

感動したいなら「君の名は。」を鑑賞しに映画館にGOだょ。

君の名は。のパンフレットが売り切れ状態!?在庫は通販(ココ)に!?

「君の名は。」のパンフレットが現在、色々な映画館で売り切れ状態なんだ。

とても大人気だからね…

シンゴジラの映画のパンフレットも売り切れ状態だったょ。

シンゴジラも物凄く大人気だったから同じ現象が起きているんだ。

ツイッターでも相当人気なのが伺えるよね。

とにかく「君の名は。」のパンフレットが欲しい方は早めにゲットしないとならないみたいなんだょ。

 

「そんなこと分かっているょ!」

「忙しいし時間が取れねえんだょ!」

落ち着いて…気持ちは分かるから…

 

確かに、時間のあるリア充なら買いに行けると思う。

もしくは時間のある人なら買いに行くことは可能だと思うょ。

 

忙しい人や時間のない人、引きこもりニートだと中々映画館に行けないんだょね…

映画館には行きたいんだょ…金もある…けど誰にだって都合があるんだょ…

 

映画館に行かないと「君の名は。」のパンフレットが欲しくても手に入れられないんだ。

「せめてパンフレットだけでも見たい…」「パンフレットが欲しい…」

本当にもどかしいょね…気持ち分かるょ。

 

手に入れられないからこそ欲しくなる!

希少価値が高いからこそ…その手で掴み取りたくなるものなんだょ!

それが人間という生き物なんだ。

 

どうしても欲しいとき、そういうときに頼りになるのが通販だょ。

通販は救世主だからね。

こちらの通販で「君の名は。」のパンフレットがあったょ。

「君の名は。」のファンの方は是非チェックしてね。

 

詳細はこちら↓↓↓

君の名は。パンフレット

 

在庫はリアルタイムで変動するからもしかしたら売り切れの場合もあるから…

そのときはごめんね。

君の名は。のパンフレットを見て余韻に浸ろうぜ

「君の名は。」の映画は凄く大人気なんだ。

大人気だからこそ余韻に浸りたいものだょね。

 

映画を見た後の余韻は最高なんだょ。

お風呂で余韻に浸るもょし。

散歩中に余韻に浸るもょし。

友達や家族との会話で余韻に浸るもょし。

 

余韻に浸ることで、映画の鮮明なスクリーンが脳内に浮かぶんだょ。

そうすれば思い出として何度も楽しめるんだ。

何度も、何度もね…決して映画の感動を忘れたりなんかしないょ。

そう、時がたとうが映画の感動は忘れられないものなんだ。

 

余韻に浸るには、おかずが必要なんだょ。

おかずといういい方はおかしいかもしれない。

けどね、おかずがあれば白米だっておいしいし、白米がより輝くんだょ。

 

白米にとっておかずはとても大切なサポーターなんだ。

サポーターがいるから主役は輝くことができるんだょ。

映画でも白米でも同じことだょ。

それを決して忘れてはならないんだ。

 

おかずっていい方はおかしいかもしれないけど、とても大切な項目なんだょ。

分かってくれたかな?

それを決して忘れてはだめだょ。

予告の動画だけで感動し泣ける

「君の名は。」の予告の動画をチェックして欲しい。

正直物凄いクオリティーなのが分かってもらえると思うんだ。

 

てか…予告だけでも、身体がプルプル震えちゃうよ…

「何なのこれ?」身体がプルプル痙攣しちゃっているぞ…

「涙腺がマジやべえ…涙が頬を伝いやがる…」

「予告だけなのに…何なんだょ…マジ感動するぜ…」

 

記事を書きながらサルは泣いているんだ…

最近涙もろくてね…

 

これ、マジ凄く泣ける映画だと思うょ…

「予告だけで泣ける」って凄くない?

 

そして素晴らしいのは、声優人が素晴らしいね!

今をトキメク俳優が声優をしている。

そう、「神木隆之介君」だょ。

 

神木隆之介君…子供の頃メチャクチャ可愛かったよね~

子供の頃から見てきているから、メチャクチャ大ファンなんだ。

 

そして、絵の美しさや男の子と女の子の見た目など。

やはりキャラクターの見た目はとても大切だからね。

二人とも身体が入れ替わったりするんだけど、どちらも「素敵な男の子」と「素敵な女の子」なのでうらやましいと思うょ。

もし…管理人のサルと身体が入れ替わったら…とてもじゃないけど映画にならないとおもうょ。

 

「くふぅ~…マジ「素敵な女の子」と身体を入れ替わりたい…」

「僕には運命の女性は来ないのかよ!」

「マジやってられない…」って、思う前に映画館に行ってみよう。

映画館に素敵な出会いが待っているかもしれないからね。

 

サルは映画館では、常に素敵な出会いを探し求めている。

映画館はとても素敵な感動溢れる場所なんだ。

そう!神聖なる場所なんだょ。

 

だから、愚痴をいう前に映画館に行って心を安らげょう。

皆、心を安らげに感動を求めて映画館に行くんだょ。

それが、映画で感動を求める人間の本能なんだ。

「君の名は。」のネタバレ

ストーリーは凄まじいんだ…

息を呑むシーンがめちゃんこ登場する…

展開も凄まじい…まさに神だょ…

神展開なんだょ!

 

簡単にいうとね、隕石が降ってくるんだょ…

隕石が降ってきて一つの街が壊滅されるんだ…

そして…沢山の人が亡くなるんだょ…

 

もうここまでいったら分かるよね…

つまり…人の命は隕石には勝てないってことなんだ…

人の命はね…自然には勝てないんだょ…

自然の力には到底勝てないんだょ!

 

しかし…それを抗おうとするのが人間なんだ!

抗おうと必死にもがく姿がたまらなく切ない…

切なすぎて見ていて心が苦しいょ…

涙が止まらないょ…

 

そして、ドキドキ感が半端ないんだょ…

もうね…心臓がマジ疲れちゃう…

展開が凄まじいから早く早く次のシーンが見たくなる…

見れば見るほど…涙が溢れ出るんだ…

 

もはや涙なしでは見られない…

涙が出すぎて涙を拭わないと涙が視線を遮って見えなくなるんだょ…

もう…十分…十分感動した…これ以上は心身がもたない…

そう思って、このまま映画をあとにしようとするかもしれない…

 

けど…ちょっと待って!

涙を拭いてでも直視して最後まで見るべき映画なんだょ!

最後まで見て、ハッピーエンドかバッドエンドか確認してほしい!

最後はね…物凄く感動するょ…身体がプルプル震えて痙攣して席から立てなくなる…

 

そして、家に帰っても思い出すんだ…

一度映画を鑑賞したらネットでの検索は止まらなくなるんだょ…

ずっと2ch見ているし…

 

色んな意見や情報が知りたくなる…

普段我慢して投稿していない知恵袋にだって投稿するさ…

投稿したら、ガンガン皆が教えてくれるんだょ…

つまり「言いたい!」「教えてあげたい!」って人間も沢山いるということなんだ…

 

そして「君の名は。」の知識を色々と深めたいんだょ…

鑑賞した皆の意見が聞きたくなるし、自分も言いたくてたまらなくなるんだ!

 

共感したい…

気持ちを共感したくなるんだょ…

映画を見たよ!「君の名を。」見たよ!と皆に伝えたい!

言いたいんだ…決して自慢ではないょ…ただ…伝えたいんだ…

 

みつはちゃんは凄く可愛い…

スタイルも抜群で髪型も美しい黒髪なんだ…

めちゃくちゃタイプだょ…

あんなに可愛い子だって命は一つなんだょ…

 

人間はね…自分が死ぬとは思っていないんだ…

てか、亡くなると思っていたら生きていけないょ…

「どうせ亡くなるし…だから努力しても無駄!」なんて常に考えているやつは生きていけないんだょ。

かき消しているんだ…亡くなるという現実を…見なくしているんだょ!

 

亡くなった人たちは、亡くなる前は、元気に生きていたんだ…

元気に何気ない生活を送っていたんだ…

 

思い出だって沢山ある…

将来の夢だって沢山ある…

やり残したことや恋愛だって…結婚だってしたかったはずなんだ…

 

サルだって中年だけど…結婚を諦めていない…

それはね…命があるから叶えることができるんだょ…

命が亡くなったら…もう叶えることはできなくなるんだ…

そこでストップなんだょ!

 

ただ…思うことは、人の命は儚い…

物凄く儚いんだ…

今、生きていて本当に…そう思うんだ…

 

どんなに可愛くても命は一つしかないんだょ…

ブスでも命は一つ、可愛くても命は一つ…

命は平等に一つなんだ…

亡くなればブスも可愛い子も同じ一つの命なんだ…

 

命はね…とても儚くて美しいものなんだ…

美しくて亡くなる前は輝いているものなんだ…

灯火がね…輝きを増しているんだょ!

 

しかし…亡くなると、生きてきた思い出もそこまででストップしてしまう…

もうやりたいことも叶えたい夢も全て実現することは不可能になるんだ…

それが亡くなるということなんだょ。

この現実を真剣に受け止めてほしい!

 

それを、この映画は伝えてくれているように思う…

思うんだょ!

 

本当に心に残る映画だょ…

見てから涙が止まらない…

 

みつはちゃんが本当に現実にいるかのような気持ちになるんだ…

今もどこかで現実にいるような…

そんな気が本気でするよ…

 

もしサルがみつはちゃんに会ったら…

そのときは、こういうんだ…

「君の名は?」って…

 

みつはちゃんは「みつはだょ…あなたの名は?」と聞いてくる…

サルはね…こう答えるんだ…「サルです…」と…

映画館にはリア充が多い!隣の席には何故か毎回カップル!?

映画館はね…

リア充が沢山いるんだ。

皆、輝いている人たちばかりなんだょ。

 

映画の代金は結構高い…

けど、高くても見る価値があると思うからリア充は映画を楽しんで生きがいにして見ているんだ。

食事感覚なんだょ。

 

大人も子供もリア充の人間たちは映画館でとても楽しいひとときを送っている。

ポップコーンを食べながらコーラをがぶ飲みしながら映画を楽しんでいるんだ。

本当にうらやましいょ…

 

引きこもりニートだと、皮肉をいいながら「映画館よりもDVDが出るまで待つ」とかいうんだょ。

本当は映画館で楽しみたいのにね…

うらやましいから2chばかり見ているんだ…

 

けど、映画館には一番行きたくない理由があるんだ…

最強の幸せを今現実に掴んでいるリア充…

そう、カップルだょ…

 

もし隣の席にカップルが座っていたら…

地獄だょ…

本当に地獄…

 

席を選ぶとき、お金を払うときに決めるタイプの映画館が多いょね。

パネルみたいなやつで映画の席を決めるんだ。

そのとき、隣が誰かなんて分からないんだょ。

これがまさにトラップなんだ!

 

必死に「カップルじゃありませんように!」って願うんだけど…

願えば願うほど…何故かカップルが隣にいるんだょ…

これ本当に「あるある探検隊レベル」の話だからね。

 

だってサルは何度もカップルがとなりに来たことが現実にあるもの…

本当につらかったよ…

 

カップルが横にいませんように!って、願えば願うほど横の席にカップルがいるんだ…

映画がマジ台無しレベルになるんだょ…

マジで壁か仕切りが欲しい…

 

サルは母ちゃんと映画に行くときがあるんだけど、母ちゃんと行くと、さらに胸が苦しくなるょ…

母ちゃんに「話しかけんなよ!」って毎回切れているからね!

 

席を選ぶのも母ちゃん、お金を払うのも母ちゃん…

なのに母ちゃんに切れているんだ…

母ちゃんをかなりにらみつけてしまう…

 

だって母ちゃんと映画なんて、みっともないじゃん…ダサいし…

もし知り合いにでも見られたら生きていけないょ…

同窓会で笑われ者になっちゃうじゃん…

だからできるかぎり他人の振りをしてもらうんだ。

 

母ちゃんと映画を見るときに隣にカップルがいたら最悪だょ…

とくに恋愛物の映画だと本当に地獄なんだょ…

カップルは感極まって手をつないだり肩を組んだりするんだ…

そして寄り添いながら映画を堪能している…

 

そりゃあ、カップルにとっては最高かもしれない。

もうね…周りが見えていないんだ…

だから、そういう行動ができるんだょ…

 

けどね…隣の独身で彼女が欲しい願望が尽きていない男子からしたら本当に許せない行為なんだ。

くやしくて…くやしくて…たまらないんだょ…

本気でくやしい…くやすぃい…

 

女の子が可愛ければ可愛いほどくやしさは百倍にだって増すんだょ…

とくにサルの大好きなワンピース姿やミニスカだと泣くに泣けないレベルにまでなるからね…

 

カップルのその後を考えちゃうと…

頭の脳みそがパーンって弾けちゃうような気分になるんだ…

 

多分カップルは人生で一番幸せな気持ちになっていると思う。

「この世の中で自分たちが一番幸せになっている」と思っているんだ!

 

そして…その後を考えると、くやしくて、くやしくてたまらないょ…

本当にくやしい…

今、それを考えているだけで気が狂いそうだからね…

 

本気でサルも彼女が欲しい…

今回の「君の名は。」の映画の上映が終わるまでに絶対に彼女を作ってみせる。

 

実は、メル友が3人いるんだ。

その中から1人だけでも付き合えれば彼女ができる計算になる。

単純計算だけど、とてもまともな計算だょ。

 

本気で彼女が欲しいんだ…

だから、「君の名は。」の上映ができるかぎり長く続いて欲しいと今は願っているょ。

絶対に「君の名は。」の映画を彼女と鑑賞してみせるんだ。


コメントを残す