君の名はのグッズのヘアゴムが可愛いと話題に!?通販に在庫はあるの!?

「君の名は。」のグッズのヘアゴムが凄く可愛いくて大人気だょ。

今回は「君の名は。」のヘアゴムについて執筆しょうと思うんだ。

「君の名は。」のヘアゴムが話題に!?

ツイッターでかなり話題になっているんだ。

検索するとまだまだ出てくるょ。

皆、「君の名は。」のヘアゴムをゲットして喜んでいるんだょ。

「君の名は。」のヘアゴムの魅力

「君の名は。」のヘアゴムの魅力は、主人公の女の子になりきれることだょ。

主人公の女の子はとてもお洒落なんだょ。

 

名前は、「宮水三葉」ちゃんだょ。

とても可愛いんだ~。

管理人サルの超タイプの女の子だぞ。

 

映画館に行くときにヘアゴムをつけて皆にアピールしょうぜ。

アピールすれば楽しさも倍増しちゃうぞ!

もしかしたら、主人公の男の子「立花瀧」君みたいなカッコいい男の子との運命の出会いがあるかもね。

「君の名は。」のヘアゴムの発売日

発売日は2016年の8月26日なんだ。

発売しているので劇場にゴーだょ。

「君の名は。」が売っている通販

「君の名は。」が売っている通販はこちらだょ。

在庫がかなり少ないょ…

 

もしかしたら在庫切れの可能性もあるかもしれないょ…

そのときはごめんね。

 

詳細はこちら↓↓↓

君の名は。ヘアゴム

女の子はプレゼントが大好き

劇場にデートに行ったら彼女にプレゼントしちゃおう。

女の子はね、プレゼントが大好きなんだ。

プレゼントされると「キュンキュン」しちゃうんだょ。

 

とても、ときめいちゃうんだ。

ハートをゲッツできちゃうから是非、彼氏はヘアゴムをプレゼントしちゃおう。

映画を見た後のプレゼントは最高の思い出

それに劇場で映画を見た後のプレゼントは最高だょ。

何故か分かるかな?

それはね…プレゼントを見るたびに劇場の映画デートを思いだすんだょ。

つまり一生の思い出になるんだ。

思い出を重ねてカップルは愛情が増す

思い出を重ねて、カップルは愛情が増していくんだょ。

思い出を思いだすたびに絆が強くなるんだ。

 

例えば、喧嘩をしちゃって別れる寸前まで追い込まれたとするよね。

彼氏の方はどうしても別れたくない!

けど、彼女は相当頭にきている状態…

こんなときは距離を置くんだ。

 

距離を置いている間に彼女は、部屋の机の中にしまっているヘアゴムを見つける…

そして思い出すんだょ…

「君の名は。」の映画を劇場で見たときの最高の思い出をね!

涙が溢れてくる

その瞬間、涙が溢れるんだ。

とめどなく涙が溢れてくる…

そして主題歌の「前前前世」が脳裏に響き渡るんだょ。

何度も何度も繰り返し繰り返し止め処なく響き渡るんだ。

そして、彼氏に会いたくて仕方なくなるんだょ。

女の子は感情の生き物

女の子は感情の生き物だって知っているかな?

感情がとても強い生き物なんだ…

だから涙を流しながら彼氏に電話をしてしまうんだょ。

 

「ライン」や「メール」じゃあ伝わらない…

今、この気持ちを…電話で伝えたい…

そう心から思うんだ。

そして彼氏に電話をかけちゃうんだょ。

そのころ彼氏は…

彼氏は、彼女と別れたくない気持ちでずっと待ち続けていた…

「僕は彼女が大好き…絶対に復縁したい…」そう思いながら復縁神社を週末に何度も何度も巡っていたんだ。

 

ときには涙も流したさ…

男泣きもしたょ…

友達に愚痴も聞いてもらったこともある…

 

けどね…皆、こう言うんだ…

「また、新しい彼女ができるから頑張れ!」ってね…

 

違うんだょ!

そんな言葉が欲しいんじゃないんだょ…

 

彼女に戻ってきて欲しいんだ…

彼女が好きなんだょ…

愛しているんだ…

 

彼女じゃなきゃ駄目なんだ…

誰も僕の気持ちは分かってくれない…

本当に胸が苦しくて…苦しくて…

この重圧に耐えられそうにないんだょ…

仕事なんて手につかない

仕事も何日も休んでしまった…

体調が優れないんだ…

 

一つのものが二つに分かれた気持ち…

この切なる気持ちが…分かるのかょ!

 

もう駄目だ…

苦しい…

とても呼吸なんてできない状態なんだ…

彼女は生きていくために大切な空気…酸素なんだ

そう、彼女は僕の空気だったんだょ…

酸素だったんだょ…

今頃、気がついて馬鹿みたいだ…

 

空気と酸素がないと人は生きていけないんだょ…

とても苦しいんだ…

色々な女との出会い

あまりの苦しさに耐えられず、僕は他に女を捜し求めたんだ…

色々な女と出会ったさ…

今の時代、女なんて簡単にできる時代なんだょ。

「ネット万歳!」「ネット時代万歳!」

 

会社も休んでひたすらネットで女を捜し求めた…

毎日女とアポを取ったんだ。

 

元々、営業の仕事をしていたから、アポを取るのは簡単だった。

電話をして営業トークをすれば、簡単に女を笑顔にできる。

写メ交換も奇跡の一枚を送ればいい。

奇跡の一枚はプリクラで撮影すればかなり格好よく撮影することができるんだ。

 

だから僕は、「空気」、「酸素」という女を捜し求めたょ…

毎日、毎日、四六時中…女と会ったんだ…

ときには1日3人と会ったこともあったょ…

 

そのほぼ9割と付き合ったんだ…

1日目で手っ取り早く「付き合ってください」って皆に告ったんだ…

簡単にOKをもらえたょ…

彼女の数が物凄く増えた

彼女の数は物凄く増えていったんだょ…

物凄く彼女という存在は増えたんだ…

 

ちなみに仕事は首になったょ…

仕事もせずに女を捜し求めた結果…

確かに僕は沢山の彼女をゲットしたんだ…

 

人間は本気で求めるものが手に入る…

それを本気で実感した期間だったんだ…

金がない

けど…

金がなくなってきた…

 

デートは金がかかるんだょ…

パスタを食べに行くだけで、二人で最低3,000円はかかる…

 

服もお洒落な服に興味をもってしまったので、ヤフオクで服を買いまくった結果…

金がドンドン尽きていったんだ…

 

マンションも月7万円もかかるんだ…

仕事をしていないとマンション代が重くのしかかってくる…

 

何でこんなに高いマンションなのか?って…

それはね…駐車場が高いんだょ…

街中に住んでいるから駐車場が高いんだ…

金がなくなるとイライラする

金がなくなるとイライラしてくる…

イライラして、ムカついて、もう女どころではなくなるんだ…

 

女は沢山ゲットしたょ…

けどね…金が尽きてきてはじめて分かったんだ…

 

女よりも生きていくためには金が大切だってことにね…

そこで気がついたんだ…

 

生きていくために大切な「空気」、「酸素」は女じゃない!

「金」なんだって…

 

女よりも金のほうが生きていくために必要なことが最後の最後で分かったんだょ…

そして今、就職活動を頑張っている…

元カノから連絡が来た

それから何日かして元カノから連絡が来たんだ…

泣きながら元カノが電話してきた…

「もう一度会いたい」って…

 

何時間も電話で話したょ…

色々な思い出や、あんなこと、こんなこと…

沢山話したょ…

 

元カノはとても嬉しそうに沢山話しかけてきてくれたんだ…

で、「今、彼女いるの?」って聞かれたんだょ・・・

 

そのとき…「マジかょ…」って率直に思ったんだ…

「めんどくせー」って本気で思ったょ…

 

「それどころじゃあないんだょ…」

「金がねえんだょ…金が…」そう本気で思ったんだ…

 

それにね…

もう元カノには興味がなくなっていたんだ…

 

いろんな女と出会い、そして付き合ってきた結果…

上書きに上書きを重ねて、元カノなんて心の片隅にもいない状態なんだ…

もうね…元カノの存在は消えているんだょ…

 

一時活躍した有名な芸能人が消えて、「この人誰だったかな?」ってくらい…

存在は消えているんだ…

元カノよりも金

今、一番大切なのは金なんだょ…

金がない…

マジで金がないんだ…

 

だから元カノにはもう会う気持ちはない…

今は就職活動を頑張っている…

高級マンションを引っ越して、実家の三畳一間の部屋で日々生活しているんだ…

 

今の彼女は、実家のタンスの中にいる「ネズミ」だょ…

「ネズミ」が発生してから…白くて透明な気持ち悪い虫が沢山わいているんだ…

 

もはや、女どころではない…

今、一番大切なのは金なんだ…

「君の名は。」を元カノと見ようと思う…

今、手元に母ちゃんからもらったお小遣いがあるんだ…

なけなしのお小遣いだょ…

皿洗いをしてもらったんだ…

 

このお金の使い道は、もう決めているんだ!

それはね…

もう一度…元カノと二人で、「君の名は。」の映画を見に行こうと思っている。

 

そして思い出したい…

元カノとの思い出と、元カノの名前を…

 

そして僕と元カノは映画館で泣きながら…

こう言うんだ…

声をシンクロさせて…

 

「まるで…夢の景色のように…美しい眺めだった…」とね…


コメントを残す