脱カフェインで頭痛が半端ねえ!15時間睡眠を超えて18時間睡眠に!?

脱カフェインで頭痛

現在、生活リズムが狂いに狂い毎日15時間以上も睡眠をしております。

ここ最近では、18時間以上睡眠していることもあります。

 

改善しなければならないと思い「脱カフェイン」に挑戦しております。

何故、脱カフェインに挑戦しているのかというと、コーヒーを1日10杯以上飲んでおりますが、普通に眠気が来るし眠たくなるのです。

つまりコーヒーの意味がないのです。

 

「コーヒーを10杯飲んでて15時間睡眠とかおかしくないですか?」って話です。

なんで、「眠気を取るコーヒーを飲んで15時間以上も睡眠しちゃうんだょ~!」って話です。

高いし、意味がないのでカフェインを断つことにしました。

 

てか、「コーヒーの飲みすぎで眠くなっているんじゃないのか?」って思うようにもなりました。

どういうことかというとコーヒーの耐性がついてコーヒーが単なる疲労をためるものになっているのではないかと思ったのです。

「コーヒー 疲労」で検索するとかなり記事が出てきます。

なので、コーヒーの飲みすぎは反対に疲労になっていたのではないかと思うようになりました。

頭痛が凄まじい

脱カフェイン2日目ですが頭痛が凄まじいです。

頭が痛くて痛くてたまりません……

頭が割れそうです……

そしてストレスも物凄い……

 

おそらくカフェインを飲めば頭痛は治まるとは思いますが絶対に飲みません。

もうカフェインは断つことにしたんです。

今回は意志が固いです。

眠くて眠くて仕方ない

あと、眠くて眠くて仕方ありません。

なので、毎日18時間ほど睡眠しております。

 

睡眠のしすぎで本当に頭が回りません。

ブログもいつもならスラスラタイピングができるはずなのにタイピングが止まってしまいます。

頭の中に浮かぶ言葉が浮かばないので、タイピングがはかどらないのだと思います。

 

頭が本当に回らないので、回そうとすると相当疲労してしまいます。

疲労すると眠たくなる……

で、布団にバタンキューしてしまいます。

アクシデントを乗り越えてから急激にやる気がなくなった

現在2016年10月13日ですが、10月の始めにアクシデントがありました。

ワードプレスのアクシデントです。

そのアクシデントを乗り越えるために物凄く頭を働かせて頑張りました。

 

アクシデントはワードプレスのプラグインを入れて、そのプラグインを削除するとブログの画面が真っ白になるというものでした。

そのプラグインを入れてしまったサルは、そのアクシデントにかなりの時間を割いて頑張りました。

結果、乗り越えることができました。

 

しかし、頭と体力を使いすぎたので、それから体力と頭の疲労を回復するために「1日くらいゆっくりしてもいいだろう」と考えたんです。

それが間違いでした……

 

たった1日18時間睡眠しただけで、その次の日も18時間睡眠、そしてその次の日も18時間睡眠を繰り返してしまったのです。

18時間睡眠のスケジュールですが、夜の21時に就寝して昼の12時に起床します。

そして昼飯を食べたら、また16時ごろまで睡眠する。

そして夜飯を食べて、夜の21時に就寝する。

 

普通に夜の21時には眠くなります。

なので、普通に就寝タイムに入るのです。

夢ばかり見る

今日見た夢は最悪でした……

学生時代の思い出の夢ばかり見ておりました……

 

「あのころ告白してきた女と付き合っていれば今頃、結婚できていたのに……」とか、起きて物凄く後悔している自分がおりました。

昔は良かった……

本当に昔は良かった……

 

最近18時間睡眠をするたびに、昔の夢を見ます。

昔の夢を見るたびに脳が退化していっているんじゃないかって思うのです。

 

脳が退化しているんじゃないかって理由は、昔の夢と今の現実があべこべになっているんです……

夢の中の世界が本当の世界のような感じで展開されているからです。

夢の時間のほうが現実の時間より長い

18時間睡眠って事は、1日の半分以上は夢の中で過ごしているということです。

夢の中18時間、現実の世界6時間です。

そう考えると夢の中の世界のほうが多いことに気が付くと思います。

 

それに、恐ろしいのがこの生活の体感スピードです。

起きている時間が圧倒的に短いので、あっという間に1日が終わるのです。

つまりあっという間に1週間が経過してしまうのです。

それが本当に恐ろしい……

頭が鈍くなり働かなくなる

それに頭痛がスゲーやばいです。

頭も痛くなるし、働かなくなるし……

 

タイピングもおそらく頭が回るから記事を書けるのだと思いますが、頭が回らないと記事を書くことが本当にできません。

頭が回らないと、何もかも面倒くさく感じてしまうのです。

 

頭を使うことが非常に苦痛に感じる……

頭を使うことが非常に疲れるのです……

少しでも頭を使えばすぐに眠くなっちゃう……

そういう状態に陥ってしまっております。

寝すぎのデメリット

サルの体験談ですが、寝すぎのデメリットをまとめます。

寝すぎると頭が回らなくなるのではないかと思います。

頭を少しでも働かせると凄く疲労してしまうので、また眠たくなってしまいます。

 

それに何もかもだるくなるのでやる気が出ません……

だるくなるというか疲れるといった感じです。

 

ちょっとでも何かをしようとすると疲労感が押し寄せてきます。

だからやる気になれません。

やる気も出ないし疲労するのでまた眠りについてしまいます。

 

寝てから目覚めると頭がボーとした感じになるのです。

凄いストレスも感じるし、起きて時計を見たときの絶望感も果てしないものとなります。

 

腰も何故か物凄く痛いし……

寝過ぎでいいことなんて一つもありません。

 

ただ、布団の中に入ると気持ちいいんですよね。

その気持ちいい状態でずっと眠りにつきたい。

そう思ってしまうのです。

 

けど、起きたら現実が待っています。

夢の中の世界よりも現実を大切にしなければならない……

それが今の現実を生きている人間の使命です……

 

なので、15時間睡眠や18時間睡眠はデメリットでしかないと思います。

今回、脱カフェインに挑戦しております。

カフェインを断つことで、この異常な眠気を取り払うことができればと思っております。

いい加減、人生を見直さないと本当にやばい時期にさしかかっております……


コメントを残す