寝ても寝ても眠いのはなぜ?6年間のニート生活で原因を追究してみた

15時間寝ても眠い

アルバイトを辞めて20日経過。

アルバイトを辞めてから本当に時間が経過するのが早い。

早すぎる……アルバイトをしていた期間をとうの昔に超えてしまいました。

 

アルバイトは1ヵ月もちませんでした。

その期間をアルバイトを辞めた期間が上回りました。

上回ったのですが、時間の経過速度がものすごく速く感じます。

 

アルバイトをしていたときは、「やっと1日終わった!」って1日が終わることを願うような感じで過ごしておりました。

しかし、現在は15時間睡眠して昼過ぎに起きるので、起きた時点で1日の半分が終わっております。

アルバイトをしていたときとは正反対の気持ちや考え方になっております。

今では、「早い……もう1日が終わる……」その気持ちが時間の経過と体感速度を上げているような気がします。

1日の大半が睡眠……人生を無駄にしている

1日の大半が睡眠

まあ、15時間睡眠している時点で1日の大半を睡眠に費やしているのも原因の一つだと思いますが。

本当に1日が経過するのが早すぎる。

 

もし、1日15時間睡眠から1日24時間睡眠に変わると、おそらくあっという間に時間は過ぎていくと思います。

一気に80歳とかになるほどの体感速度があるのではないかと思います。

 

しかし、1日15時間睡眠って本当に人生を無駄にしているような気がしてなりません。

普通の人の2日分の睡眠時間を1日でとっているので、1年でいえば普通の人が365日睡眠をとっているとすれば、私は730日睡眠をとっている計算になります。

 

稼働時間も15時間睡眠のせいで1日9時間しかありません。

普通の人は睡眠時間8時間、稼働時間16時間ですよね。

私は睡眠時間15時間、稼働時間9時間です。

つまり、正反対の時間経過の過ごし方をしております。

 

そう考えたら本当に「普通の人間ではないのではないか?」と思ってしまいます。

どう考えても「異常ではないか?」と思ってしまうのです。

 

異常だし人生の貴重な時間を睡眠に費やしているのが本当に悲しく、そして情けなく思います。

はっきり言って寝ていたら金は稼げません。

1円も稼げません。

普通の人は眠くても我慢して頑張っている

眠くても

この、「我慢して頑張る」ってレールから外れてしまった人間は、元の頑張り続けるレールに乗るのを脳みそが嫌がりさけてしまうのではないかと思います。

 

我慢して頑張りレールに乗り続けなければ、人間はどんどん弱くなっていく生き物ではないかと心底思います。

今もブログを書きながら睡魔がおそってきました。

15時間睡眠しているのにも関わらず睡魔が襲ってきました。

 

「眠い……」

「眠たすぎる……」

ここで普通の人間は眠さに立ち向かって頑張り続ける。

そして眠気に勝ち眠気を撃退する。

 

しかし、頑張り続けるレールから外れたものは、眠気に勝てずに布団の誘惑に負けて眠ってしまう。

つまり眠気に勝ち続けなければ、眠気を撃退することはできないのではないかと思います。

 

眠気に負ければ負け続ける人生が待っている。

だから今、私は1日15時間睡眠に悩まされ続けているのだと思います。

眠気に負け続けている人生を送り続けているということです。

 

眠気に勝てないから悩まされ続ける。

どうにかして眠気に勝つしか、もはや生き残る道はない!というのは分かっております。

眠れば眠るほど頭が働かなくなる気がする

頭が働かない

ブログの途中で布団に入って寝てしまいました。

今日も15時間睡眠してしまいました。

頭がボーとして働きません。

何もやる気になれません。

 

15時間睡眠しているので、1日の稼働時間は9時間です。

9時間の稼働時間しか頭を働かせていないので、頭が働かなくなっているのではないのかと思います。

 

もしくは15時間も寝ているので、その間、脳みそが働いていないので考える力や脳みその力が乏しくなっているような気さえします。

脳みそが働かないので、何もやる気になれず何か食べたらすぐに眠くなる状態になっております。

これじゃあ、牛と同じです。

 

本当に脳みそが働かない。

働かせようとするとすぐに疲れる。

疲れると眠くなる。

そういう状態におちいっております。

 

寝れば寝るほど、どんどん人生も知能も体力も何もかも悪い方向に行っている気がする。

「寝ることがこんなに悪いことなの?」

「寝るのは悪なの?」

本気で叫びたい。

寝ることが悪ではない!15時間睡眠が悪

15時間睡眠が悪

寝ることが悪ではなく、おそらく15時間睡眠が悪なのだと思う。

大切な1日の時間を15時間も消費するから1日の体感速度が早い早い!

 

ニートになって来年で6年目。

本当に時間経過が早かった。

あっという間の6年間だった。

 

小学生が入学し卒業する間、ずっと寝続けて生きてきたのと同じようなもの。

6年間の収入は合計で50万円も稼いでいない。

普通の人なら6年間で年収300万円だと1800万円は稼いでいる計算になる。

 

けど、私はお金を稼いでいないし、今では1日15時間睡眠でどんどん悪い方向に進んでいると思う。

現在12月23日、クリスマスまでもう少し、普通の人間はボーナスや彼女とのデートで楽しい人生を歩んでいると思う。

それを考えると涙が止まりません。

 

彼女と別れて、もう数年経過する。

仕事を辞めてもう数年経過する。

一度外れてしまったレールに戻るのは非常に困難だと思う。

 

頑張り続けなければ、どんどんレールから外れて、私のような人生を送ることになる。

今では1日15時間睡眠、頭も働かないし、大好きな艦隊これくしょんのゲームも気がついたら辞めていた。

 

艦隊これくしょんは頭を使うので、もはや私の知能ではついていけなくなったのだ。

少しでも頭を使うと眠くなる。

相当、私の頭の回転は遅くなっているのか、弱っているのか分からないが、「頭を使うと疲れて眠くなる」のは本当に実感しております。

 

「人間は使わない機能は退化する」と言われておりますよね。

まさに私が今、自分の身をもって体感しております。

最後の賭け!解決策は?突破口は?

最後の賭け

原因が分かっているので、解決策と突破口はあると思っております。

全ての原因は15時間睡眠。

この「睡眠欲に打ち勝てない自分のおろかさ」が全ての原因だと思います。

憎らしい……15時間睡眠が憎らしい……。

 

1日15時間睡眠だと残りの稼働時間の9時間しか頭を使わないから、頭の脳みそが疲れやすくなり働かないのだと思います。

15時間睡眠を本来の8時間睡眠に戻し、頭を使う作業をする。

そうしていかないとこのままではどんどん知能も体力も弱い人間になるのは、ニート6年の経験から予測できるのです。

 

今だって、頭を使ってブログを書いている。

これも、もしかしたらリハビリになるのかもしれない。

頭の体操になっているのかもしれない。

そう考えるとブログを書くペンにも力が入る。

 

頭を使えば使うほど、頭を使う作業が楽になるんじゃないかと思います。

15時間睡眠で頭を使わないから、頭を使うと疲れて眠くなるんじゃないかと思います。

 

マラソンと同じで毎日走っている人間は走れるけど、たまにしか走らない人間は走れないのと同じだと思います。

今、もし「外に出て走れ!」って言われても多分走れないと思います。

すぐに息が上がると思います。

それと同じことではないかと思います。

最後に

2016年はあと8日

2016年はあと8日で終わります。

もう、8日では自分を変えることは難しいとニート6年の歴史から判断します。

つまり8日間はあがいても仕方がないと思います。

なので、2017年1月1日から本気で頑張ろうと思います。

 

幸い、私には1月1日を祝う行事も何もありません。

1月1日でも普通の日常となんら変わりありません。

3畳一間の部屋で過ごしているだけです。

 

世間ではボーナスだなんだと言っておりますが、ボーナスも何もありません。

てか、給料すらありません。

 

だからこそ、2017年1月1日は私の生まれ変わる瞬間にしようと思っております。

まだ、諦めてない。

人生をまだ諦めてない。

 

結婚だってしたいし、就職だってしたい、彼女だって欲しい。

ドライブデートにだって行きたい。

かわいい彼女と恋ダンスだって踊りたい。

そのための2017年1月1日にしようと思います。


コメントを残す