一人暮らしの不安をなくす方法!人生を賭ければ不安は消える!甘えるな

6年5ヶ月もの間、引きこもりニートだった私が、2017年5月某日人生全てを賭けて一人暮らしを開始する。

ニート脱出!一人暮らしの決断と誓い!人生最後の賭けにでる!

一人暮らしの不安が現在ものすごい。ちなみに入居はまだ。来週入居予定。

今、本気で不安と戦っている。正直後悔が強い。できることなら違約金を払ってでも契約を取りやめたい。ちなみに違約金は計算すると4万円。てか火災保険とかも契約したので、4万円以上はかかると思う。おそらく4万円以上10万円未満の違約金はかかるであろう。

「本当に良かったのか?」「私の決断は間違えていなかったのか?」「自分ひとりでやっていけるのか?」ものすごく自問自答している。

考えると不安で額と脇から大量の汗がにじむ。額がベトベトになり、脇から、つ~っと汗が流れるのが自分でも分かる。相当精神に支障が出ている証拠だ。なぜか息切れもすごい。過呼吸になりそうなのを必死におさえている。

「本当に決断してよかったのか?」はっきり言って今の段階では分からない。もしかしたら這い上がれるかもしれないし、這い上がれない場合は、下の下……ニート以下の最大の貧乏人におちいる可能性が十分予測できる。まさに生きるか死ぬかの賭けである。

予測できるからこそ、その恐怖を活用し自分を奮い立たせてがんばるカンフル剤になる。これほど強力なカンフル剤はないだろう。まさに「ピンチはチャンス」。

「ニートで6年5ヶ月間悩んできた。その腐った人生を変えるにはここまでしなければ変えることはできない!」そう思う。

「このまま決断を鈍り、しりすぼみすればニート歴を更新していくだけだ!」というのは周知の事実なり!

引越しのベストタイミングはココ!逃すな!

引越しのタイミング

「引越しの決断のタイミングは果たしてよかったのか?」「正解だったのか?」「ベストタイミングだったのか?」

私は正解だったと思う。家賃2万円の綺麗なアパートを借りることができた。これは奇跡のタイミングだったと今になってみて思う。

ちなみに部屋は満室で一室だけ奇跡的に空いた部屋だった。この物件を逃さずに奇跡のタイミングを掴んだ方法を皆さんに伝えたい。

暇さえあれば賃貸情報を見ろ!奇跡はそこにある!

私は奇跡を掴むまで暇さえあれば賃貸情報を見ていた。スーモやホームズ、CHINTAIやいい部屋ネット大東建託、スマイティ、アットホーム、HOME’S、そして最後に知ったYahoo!不動産。

ありとあらゆる賃貸情報をネットで検索しまくった。費やした時間は相当なものだったと思う。常に暇さえあれば賃貸情報を見ていたから。

賃貸情報を見て検索しまくりいい部屋があると電話しまくった。そこで学んだのは、「いい部屋は電話してもすでに決まっている可能性が高い!」ってこと。

とにかく2万円代の安いけど綺麗な部屋は、マジで電話してもすでに決まっていることが多い!

何度も何度も苦汁を飲んできた。ときには疑ったりもした。おとり物件なんじゃないのかと……しかし、「この部屋空いてますか?」の問い合わせの電話をしても「空いてません」以外にしつこい部屋の紹介は一切ない!

一切ない!ということはおとり物件ではないということ。それに忙しいので営業マンもすぐに電話を切りたそうにする。そう考えるとおとり物件のわけがないのだ。

もしおとり物件ならしつこい部屋紹介があるはず!それが全くない!こちらは反対にしつこい部屋紹介をしてほしいのにも関わらず一切部屋紹介がないのだ。「激安の部屋を紹介してください!」とお願いし電話番号を教えたのに、あとから電話がかかってくることは一度もなかった。

安くて自分も問い合わせするレベルの部屋は他人も狙っているからすぐに決まる

つまり、安くていい部屋は誰もが望んでいる部屋なので、掲載された途端決まるものだと思っていたほうがいい。

おそらく一人暮らししたい貧乏人は、ソート機能で安い順を選択している。つまり安くていい部屋は埋まりやすい傾向にあるといえる。

安い部屋に住みたい需要があっても、その部屋は一つしかない!世界に一つしかないのだ。だからそこが埋まったら世界に一つの部屋は借りた物勝ちとなる。

女と一緒。個人の女も世界に一人しかいない。その女が結婚したり彼氏ができれば別れるまで待つ必要がある。

結婚する前、彼氏ができる前に唾を付けないと彼氏ができてからでは遅いのだ。別れるまでずっと待たなければ一生手に入らないものとなる。それを私はこの数年間で学んできた。

毎日毎日継続すると目が肥えてくる!達人に!

私は毎日毎日賃貸情報を見て、奇跡の激安物件を見つけた!それが今回の月2万円の部屋!

毎日毎日賃貸情報を見ているので、新掲載はすぐに分かる。もはや目が肥えている状態になっているのだ。

そして私はついにチャンスのときを迎えた。「これは新しい物件!家賃は2万円!綺麗!ユニットバスだけどボットン便所じゃない!ならもう行くしかない!」そう決断して電話をした。

電話をすると「空いてます!」と言われた。学生時代に女に告白して「OK!」をもらえたくらいうれしかった!「空いてます!」それだけで免許に合格して本気でバンザイしたことを思い出した!

私は「すぐに見せてくれ!」「と切望した。しかし、まだ鍵がなくて見れないとのこと。明日以降に見れますがどうしますか?」と言われ、悩んだ挙句、「見ずにすぐに申し込みします!」と伝え不動産に向かった。

そして即申し込みをした。部屋を見ずに申し込みをした。「やっちゃった」って気持ちは強かった。「本当にいいの?」って心の中で何度も自問自答した。しかし、身体は不動産に向き、私は無意識の中で申し込みをしてしまったのだ。

今、申し込みをしなければまたチャンスは過ぎ去る。そしてまた賃貸情報をずっと暇さえあれば見続ける人生を送ってしまう。その方が時間の無駄。ここで決めなきゃ男じゃない!そう思って私は無意識の中で申し込みをしたのだ。

今考えてもあの行動力はなんだったのか分からない。相当の行動力だと思う。未来の一歩を私は踏み出したのかもしれない。

不安を抱えているやつらに一言言わせてくれ

不安

これから一人暮らししたいけど、不安で仕方がない人に一言言いたい。

「自分がベストを尽くして奇跡的に手に入れた物件なら不安は期待に変わる」と言える。いい物件を借りるのは本当にベストを尽くして、奇跡のタイミングで申し込みするしか借りることはできないのだから。

何もしなければマジで天文学的レベルの確立!しかし、本気になれば手に入れることは十分実現可能なレベルでもある!

これは人生にもいえる!本気になれば何でも手に入る!彼女だって手に入る!金持ちにだってなれる!手に入れようと本気で努力する!それが賃貸でも応用できるのだ。

私は手に入れた。奇跡の物件を手に入れることができた。本気になって毎日毎日賃貸情報を見ていた成果である。「あきらめずに毎日毎日コツコツがんばる!」これが夢を掴む唯一の方法なのである。

このSEAMO 『Continue』 を聞いて夢を掴んで欲しい↓↓↓

ただ、ベストを尽くさずに適当に借りた物件なら不安になるのも仕方がないだろう。適当なことをする人間には適当な人生が待っている。それを私は嫌というほど6年5ヶ月のニート生活で学んできた。「甘えるな!」そう自分に言いたい。いや、不安を抱えているやつらに激怒して本気で伝えたい。

私は今回本気の本気でベストを尽くした。そして奇跡の激安物件を借りることができた。この奇跡と共に6年5ヶ月のニート生活にピリオドを打つと決断しております!そして彼女を作って部屋に呼ぶ!これが私の思い描いている夢でございます。


コメントを残す