青い眼がほしいのあらすじや感想、トニモリスンなど

青い眼がほしいかなり大人気ですね!

本日は青い眼がほしいのあらすじや感想、トニモリスンなどをお伝えしようと思います。

青い眼がほしい [ トニ・モリソン ]

まずは簡単な内容をお伝えいたします。

文庫でページ数は323ページです。

中々の読みがたえなのではないのかと思います。

 

一日では全部読めないページですので何日かに分けて読むといいと思います。

管理人はトイレやお風呂で読んでおります。

集中できるのでおすすめです。

けどお風呂は大切な本がぬれる可能性がありますので、自己責任でお願いいします。

 

出版社は早川書房です。

有名どころですね。

なので安心して購入できると思います。

 

ISBN-10: 4151200061
ISBN-13: 978-4151200069

 

発売日は2001/06です。

ですのですでに発売済みの商品です。

お買い求めも可能です。

 

商品パッケージの寸法は15.6 x 10.6 x 1.6 cmです。

まあ普通の寸法だと思います。

 

黒人差別・・・辛いですよね・・・

差別自体が本当に辛いです。

身近で言えば学校でも差別がありますよね・・・

金持ちと貧乏人・・・

 

管理人は貧乏人でしたので、かなり差別されて生きて来ました。

給食もお前の配ったのは汚いと言われた経験もあります。

本当に辛かった・・・

 

それに服は全てお下がり道具も何もかもお下がり・・・

ですので、部屋の中はお下がりだらけなのでもうぐちゃぐちゃの部屋です。

貧乏人はなぜか部屋がぐちゃぐちゃなんですよね・・・

それはお下がりを確保していないといけないからです。

なので、綺麗な部屋ではなくものであふれかえった汚い掃除や生理整頓ができていない部屋なのです。

 

本当に貧乏は辛い・・・

家も汚いし、まさにごみ屋敷でした・・

その家を見られて「おめえの家を1円で売ってくれ」と友達に馬鹿にされたりもしました・・・

本当に辛かったです。

 

なので管理人は差別を許しません!

けど・・・貧乏なのも原因ですよね・・・

なので・・・親も悪いと思います。

なぜならば貧乏なのは親が原因だからです。

金持ちに生まれたかった・・・

本当にそう思います。

 

差が出るので差別される・・・

ですが少しの優しさを持ってほしいと思います。

少しの優しさがあれば差別はなくなるのではないかとお思います。

 

金持ちがいれば貧乏もいる・・・

それは仕方ないことです。

けどそれを差別に使うのは本当に悲しいのです。

 

ですので、少しの優しさで差別をなくせないかと管理人は思います。

文章を書きながら昔の気持ちがよみがえって来ましたが、本心です。

 

青い眼がほしい・・・是非読んでみてください。

本当に共感できる作品だと思います。


コメントを残す