ニートの苦悩

人生のリスクをとらなきゃ成功できない!一人暮らしのリスクを私はとる

成功するためにはリスクが必要!リスクを恐れていたら成功は掴めない!

「人生のリスクをとってる?」そう聞かれたらあなたは何て答えますか?

私は6年5ヶ月もの間、引きこもりニートでした。家賃は0円、食事は0円、ガス、水道、電気代、駐車場代全て0円、お小遣いまでもらっておりました。車の車検代も出してもらいました。何もかも親に寄生して堕落した生活を送っておりました。

堕落した生活を送っていたのにも関わらず、親に対して憤りを感じておりました。どのような憤りかというと私を生んだことへの憤りです。

「生んだんなら一生責任とれや!」「捨て猫などを見てペットを飼うなら最後まで責任とって育てろ!って誰もが言うやろがい!常識やろがい!」

「生むから……てめえらが生むから悪いんや!生みやがって!」「生まれたくなかった……」「毎日毎日わざわざ飯食って排泄してゲームして動画見て、まとめブログ見て……なんでこんなことせにゃならんのや!」「人生が長すぎる!」

私をこの世に生んだことへの憎しみと悲しみが相当の憎悪となり親への憤りになっていったのです。今でもそう思う。今、ブログを書いている今でも憤りは変わりません。

すげ~、イライラする。生まれたことが苦痛で仕方ない。生きているから汗が出る。汗が出るから風呂に入る必要がある。風呂に入るのも苦痛。

風呂にしばらく入っていないから身体がかゆくて仕方ない。頭から背中、うなじ、足、すね、脇、頭皮、おでこ、大事なところ、すべてがかゆい。かゆくてかゆくてたまらない。むずがゆい!かゆうてかゆうてたまらん!かけばかくほど気が狂いそうになる。かきむしりすぎて全身がずたずたになっている。生きることがつらすぎる……。

髭も生えやがるし、顔が原始人みたいに髭ボーボー……。マジめんでえ……。生きることがマジめんでえ……。

人生の落とし穴!仕事を辞めたのが運の尽き

落とし穴

仕事を辞め、金持ちになりたかったがためFXとバイナリーオプションで儲けようと奮闘した。奮闘したが駄目だった。

そのころバイナリーオプションは、まだ始まったばかりだった。上がるか下がるかの二択を選ぶだけ。とても簡単。簡単だから興味が出た。

まとめブログでステマ共が「うはっ!もうかったった!w」「マジもうかる~w」みたいな記事がかなり出始めた。その記事を見て「もうやるしかない!」「儲けるなら今しかない!」「バイナリーオプションしかない!」って心の底から思ってバイナリーオプションを始めた。始めたが惨敗だった……。

正直、あのころはステマなんて流行っていなかった。だからステマだと見抜けなかった……。本気で見抜けなかった……。私は食い物にされたのだ……。まあ、負け組みの典型的なパターンであることは確か……。

全ての貯金を失い、親に泣きついて三畳一間の部屋を与えてもらった。情けないプライドガタガタの生活を余儀なくされ我慢に我慢を重ねた6年5ヶ月間。親に文句を言い生きることへの憤りを感じながら生きてきた。

その6年5ヶ月間、決して何もしてこなかったわけではない。お小遣いサイト、アフィリエイト、アドセンス、ユーチューブ、せどり、ヤフオク、メルマガアフィリ、内職、ポスティング、様々なことをした。

様々なことを6年5ヶ月してきたが、収支はマイナス大赤字。何もかも達成することはできず儲けることはできなかった。

そもそもぶっちゃけ手を出すには手を出したが、どれも中途半端でやめてきた。モチベーションが上がらなかったのだ。やろうと思っても眠くなる。頭を使うと眠くなるし、やろうと思うと横道にそれちまう!やろうと思うことが苦痛で仕方ない!

苦痛からひたすれ逃げ、欲望のかぎりを尽くしゲームやユーチューブ、動画やまとめブログを見続け毎日15時間睡眠をして何もしてこなかった。

アドセンスに至っては審査こそ受かったものの、その後何もしていない。規約が厳しすぎて貼るブログがないんだよ……。規約をネットで検索すると頭が痛くなる。頭痛がものすげえ……。だから貼れねえ……。

ただ、投資がかかった。ものすごく投資がかかった。投資は全て親に無心した。最初こそ心は痛んだが、最後の最後には金を無心することに対する罪悪感が無くなっていた……。「金持ちになって全て返せばいい!」そう思っていた。

親は私を見れば常に「職安に行け!」と言う。「金を返せ!」と言う。「働け!」と言う。「情けない!」と言う。「結婚や将来のこと」を言う。「いつまでも親はいないんだから!」と言う。

もう、うんざりなんだよ!しんきくせーことばかり言いやがって!親は70過ぎ……四捨五入で80歳……マジやべえ!私の生活どうなんだよ!養ってくれる親がいなくなったらどうなんだよ!こっちも焦ってんだっつーの!マジ分かれよ!分かってくれよ!人生に焦りを感じてんだよ!

私は親と顔を合わせるのが苦痛となり三畳一間の部屋から出られなくなった。トイレはペットボトル、大便は自宅のトイレに深夜にこっそり行く生活。もう本当に耐えられない。

なんでこんなコソコソしなきゃなんねーんだよ!ストレスマジたまるぜ!押入れの中は尿ペットボトルの山……マジきめえし!ペットボトルの中で沈殿してんじゃねーよ!マジきめえぜ!

こんな生活で6年5ヶ月をただただ時間が経過するがままに生きてきた。そして6年5ヶ月前のスキルを全て失った。社会人としてのスキルやコミュニケーションスキル、何もかも失った。

今では自律神経がいかれてしまい、スーパーのレジに並んだだけで顔が真っ赤に赤面しおでこと脇から大量の汗が出るようになった。

「何だよ……この人生……買い物すらまともにできなくなったじゃねーかよ!」何もかも親のせいやろがい。生んだ親のせいや……許せねえ……。

私の憤りはマックスにふくらみ怒り、憎しみ、爆発を何度も繰り返した。こぶしが砕け散るほど柱を殴りつけ、頭突きをテーブルにかましたりもした。しかし、怒りは収まらなかった。憤りは収まらなかった。

6年5ヶ月の引きこもりニート生活で脳みそはドンドン衰退していった。気がつけばゲーム、まとめブログ、ユーチューブなどの依存症にもなっていた。もう離れることはできない。見なきゃ気が狂いそうになる。

身体もどんどんデブになっていった……スタイリッシュなイケメンだった私もドラえもんのような体型になった。デブリ過ぎて首とあごの境目が分からない状態。

睡眠時間は毎日15時間睡眠を余儀なくされ、その生活習慣が身についた私の人生は高速回転で進むことになった。本当にあっという間に引きこもりニート生活が過ぎていった。気がつけば6年5ヶ月……本当に恐ろしい。これが現実なのか?私は浦島太郎にでもなったような気持ちに度々悩まされた。今も悩まされ続けている。

社会人のころのスキルは衰退し、見た目は30歳の若いころから老けに老け……36歳へとなった。一気に6歳も歳をとった。記憶は6年前と何も変わっていない。昨日のことのように思う。親に泣きついて実家に出戻りした1日目が昨日のことのように思う。

私は人生のリスクをとる!一人暮らしを決断した

一人暮らし

「人生のリスクをとらなきゃ成功できない!」この言葉を初めて聞いたのは、ウシジマくんの映画です。

ウシジマくんの映画の中で「リスクとってる?」ってセリフがあった。その言葉を聞いたときに頭を岩でガツンと殴られるような衝撃を受けた。

「おいおい……今の私、リスクとってないじゃん!」その言葉が私の頭の中を駆け巡った。そうか……それで成功していないんだ!全てを悟り理解したような気さえした。これが成功者と私(貧乏人)の違いだったんだ……36歳にしてやっと気がついた。

「リスクを負えば負うほど金持ちに近づけるんだ!」「そしてリスクを負わなければ負わないほどドンドン衰退していくんだ!」「今の私のようになってしまうんだ!」と気がついたのです。まさにリスクを負わないことがリスクだということに気がついた瞬間だった。

マジで今の私はリスク負ってないもん。親に全てまかなってもらっているから6年5ヶ月ひきこもりニートでも生活できた。

けど手に入れたものは何もない。親や世の中に対する憤りだけ。批判だけしか手に入れてない。あとの必要な社会人としてのスキルは全て失った。これはリスクをとってないから必死にもならないしがんばろうとしない結果……悪い方の成功しないほうの結果!

成功しない結果が分かった以上、反対のことをすれば成功する!つまり6年5ヶ月の引きこもりニート生活の反対のことをすれば反対の結果がでる。

6年5ヶ月、リスクをとらなかった。ぬるま湯につかっていた。これを改善すれば成功する方向に進むのは間違いなし!私の衰退して縮こまった脳はフル回転して答えを導き出した。私は必死に今の現状を嫌がり変えたかったのだと本気で悟った。本能が今の生活を変えろ!と叫んでいたのかもしれない。

6年5ヶ月社会に出ていない脳みそは本当に鈍くなっている。フル回転させるとすぐに眠くなる。一旦寝てブログを書こうと思う。これからお昼寝をしたあとに続きを書きます。

飛び込め!飛び込んだら泳ぐしかなくなる

飛び込む

  • 陸が遠ければ遠いほど長く泳げる。
  • 陸が近ければ近いほど泳ぐ時間が少なくなる。
  • 泳ぐ時間が成長できる時間。
  • 泳がなければ成長できない。
  • 泳げば泳ぐほど効率の良い泳ぎ方を模索することができるようになる。
  • そこで初めて知識が生まれる。頭が働く。
  • おぼれる環境下でなければ必死になることはない。
  • 文字通り泳がなければ必死なのだから。
  • それが分かっているから本能で泳ぐし手足がじたばた動く。

泳がなければ沈むだけ。だけど、泳がなくても丸太にしがみついていれば沈まない。沈まないがどんどん陸から離される。それに丸太は腐る。丸太にしがみついているだけでは、いつかは陸に戻れなくなる。陸に戻りたいなら丸太から降りて泳ぐしかない。

丸太から降りれば泳ぐしかなくなる。勝手に手足が動く。泳げなくても勝手に手足が動く。

今までの知識と丸太から降りた人が泳いでいった姿を思い出し学習し、自分も見よう見真似で泳ぐ。思い出して泳ぐ。

徐々に泳げるようになる。泳げるようになれば、陸を目指して泳ぎ続けるだけ。泳ぐのをやめたら沈んでしまうので、ひたすら泳ぎ続ける。

ひたすら泳ぎ続けることで毎日の習慣が作られる。毎日泳ぐ習慣を身に付けることで、泳ぎ続けられる人間になることができる。

泳ぎ続けなければ沈んでしまう。そういう環境化に自ら飛び込むことで、勝手に身体が動き出し泳ぎ続けてくれる。泳ぎ続けなくても沈まない環境下ではいつまでたっても泳ぐ決断を決めることはできない。

これが成功者の潜在能力か!?あふれるパワー!みなぎるぜ

潜在能力

私は決断した……2017年5月某日、家賃20,000円のアパートを借りて一人暮らしすることを!これが引きこもりニートを改善するための生きるか死ぬかの人生を賭けた私のリスクです。

ちなみに引越し費用は初期費用9万円。その他の生活費を考えて親に50万円借りた。「今の人生を変えたい!絶対に返すから!」って言って泣きながら金を無心した。その熱意が伝わり50万円の金を借りることができた。

初期費用9万円を払い残り41万円。月に2万円のアパートなので、食費を5,000円に削り、フロは3日に1回などにすればガス代は3分の1になる。節約さえすれば月5万円以下で暮らせていける計算になる。

41万円なので8ヶ月で貯金は尽きる。そうなればアパート代2万円は払えない。考えれば恐ろしいことだけど、これが「リスクをとる!」ってことだと思う。この恐ろしい不安な感情は「リスクをとる」ことでしか体感できない。

この恐ろしい不安な感情が成功するためにはどうしても必要な感情なのだ。「この感情なくして成功は無い!」それが「リスクをとる」ことで芽生える。そのことを36歳にして初めて知り、そして自分の人生を変えるために決断した。

そうか……「人並みはずれた成功者の力はこのリスクの大きさで発揮されるもの」だったんだ……。「リスクが大きければ大きいほど、焦りや不安の感情は大きくなる」この「焦りや不安の力をリアルで体験するにはリスクを負うしか体験できる術はない!」

ようやく成功者たちの深層心理や謎が理解できた。これこそが成功者の並外れた行動力の源だったのだ。成功するための秘訣だったのだ!こりゃ体験してみんと理解することはできないはずだわ!

考えてもみろ……成功者だって同じ人間。同じ人間なら私にもできるはず!潜在能力さえ引き出す秘訣!コツ!さえ分かれば私も成功者、勝ち組になれるはず!その秘訣!コツが分かった今、もはや、迷いは消えた!やるしかねえ!

その秘訣!コツ!は「リスクをとること」それが分かった!勝ち組になりてえ!金持ちになりてえ!いい女と結婚してえ!今ならまだ間に合う!36歳の今ならまだ間に合う!ぜってー勝ち組の成功者になったる!

アパート月2万円のリスクをとった今、私の潜在能力が引き出されるはず!なんか身体中からパワーがあふれてきやがった!恐怖と不安が高ければ高いほど潜在能力が発揮されパワーがあふれるのかもしんねえ!これが成功者にだけ秘められた潜在能力なのか!?

ものすげーパワーがみなぎるぜ!目がギンギンにさえやがる!こりゃあマジスゲーわ!「リスクをとる」ってマジすげーわ!

これって、冷水シャワーの原理にも似てないか!?冷水シャワーを浴びることで体温が上がるってやつ!その原理に似てやがる!つまり危機感を感じれば感じるほど生きるための潜在能力があふれ出すのかもしんねー!

私は月2万のリスクをとった!相当の危機感を感じているが、それに反発し相当の潜在能力が引き出されている状態なのかもしれない!もはや負ける気がしねーぜ状態!

本音

本音

今のままでは親に対する「生みやがって」って感情が爆発してしまう。この感情を「生んでくれてありがとう」の感情にしたい!本気でそう思う。

思えば学生時代に初めて彼女ができたとき、「生まれてきてよかった」と思った。初めて好きな女性と一つに結ばれたとき「生まれてきてよかった」と思った。奨学金を借りて大学を受かったとき「生まれてきてよかった」と思った。出会い全盛期で100人切りを達成したとき「生まれてきてよかった」と思った。

人生がうまく行っているときは「生まれてきてよかった」という気持ちに本気でなる。私はもう一度掴みたい!「生まれてきたよかった!」その気持ちをもう一度掴みたい!そして親に「生んでくれてありがとう!」と感謝したい。恩返ししたい!それが今の私の本音です。

-ニートの苦悩

© 2020 40代からの転職!現実と男の熱きpride