ニートの転職

乗り越えられない悲しみに暮れる!哀れな姿で悲痛の叫びを解き放つ

乗り越えられない悲しみに暮れる男

お世話になります。就活中の者です。

皆様には乗り越えられない悲しみに暮れる日々はありますか?私は10年以上引きこもりニートをしておる者です。毎日涙を流しどうすれば…どうすれば…と、悩み狂う日々を送っております。

乗り越えられない悲しみに今もなお暮れております。しかし愛すべき人ができました…本気で結婚したいと思える彼女ができました。相思相愛でとても楽しい日々を現在送っております。

その彼女の為にも人生やり直すんだと職探しに熱を入れてひたむきに…そしてまっしぐらに頑張るんだと意気込んでおりました。本気で打ち込める仕事を探すんだと…意欲的に人生かけて取り組むんだと…人生かけた戦いに出るんだと…自分を鼓舞し、げきを飛ばしておりました。

自分なら何とかなる…職は必ず見つかる。見つからないわけがない。そう思ってほくそ笑んでおりました。愛する彼女との結婚生活を考え希望に満ちあふれておりました。あとは職安(ハローワーク)に行きさえすれば職が決まると‥‥結婚しマイホームが買える…35年ローンが組めるぞと…希望を持っておりました…。

今朝、朝早く起き何かを悟ったかのような凛々しい顔つきで母ちゃんに職安に行くから着いてきてくれと自信満々に言いました。母ちゃんが険しい顔つきで…行くなら一人で行けって言ってきました。

えっ…それどういう意味…行こうとしているんだけど…何でそんなこと言うんだよ…着いてきてくれてもいいんじゃないの?と言うと…できるだけ人ごみの中に入らない方がいいと妹が母ちゃんにきつく言ったみたいで…それを母ちゃんが受け止めてしまい…説得することができませんでした。

テンションが一気に下がりました…「なんでだよ…なんでやる気を出そうとしたのにそうやっていつも出鼻をくじくようなことをするんだよ…やる気を出そうとしたらいつも壁が立ちはだかる…いい加減にしてくれ…本当にいい加減にしろ…乗り越えられない悲しみに暮れる日々が今日も過ぎ去る…哀れな姿で悲痛の叫びを解き放つ…。

何卒よろしくお願い申し上げます。失礼いたします。

スポンサーリンク

-ニートの転職

© 2022 40代からの転職!現実と男の熱きpride