ニートの転職

ニート卒業!己を犠牲にし何人ものニートを輩出!感謝の言葉未だなし

卒業するニートを見送る男

お世話になります。就活中の者です。

最近ニートを卒業する人が多い印象があります…私のブログでも何名か社会に巣立っておるようでございます…大変、喜ばしいことだと存じます…。

私自身も、そろそろ卒業の日が迫ってきているような緊迫感がございます…次に卒業するのは…おそらく…この私となることでしょう…。

この2020年は今までとは違う…何か違う…私にとって…とてつもない変化が起こるような気がしてなりません…。

実際の話…私の脳裏に…予感とでも言いますか…なんと言いますか…ビンビンきております…。

ついに私も巣立つときが来た…そういう予感と期待感が脳裏の中に渦巻いておる次第でございます…。

スポンサーリンク

己を犠牲にしてきた

私自身、ブログでかなりのニートを支えて参りました…ニートのつらさ…苦しみ…悲しみ…憤り…いら立ち…ムカつき…生まれてきた意味…それらの悩み…問題についてニートたちに涙を流しながら伝えて参りました…。

声を枯らし…枯らした喉を傷め…修復するまで安静にしとくべきなのに…叫び続けて参りました…声の出る限り…朝昼晩…大声でニートの心に響くよう叫び続けて参りました…。

自分を…己を犠牲にし…ニートを支えるため…心の底から叫び続けてきたのです…。

ニート輩出!卒業した同士!数知れず

そして気がつけば…同士であるニートたちは社会へと旅立って参りました…私がニートたちの背中を押し…社会に輩出させてあげたのです…。

ニートの心に勇気の灯を点火させ…その灯を絶やすことなく…笑顔で見送ってあげたのです…「もう帰ってくるんじゃないぞ」と涙を流し…お互いに…こみ上げる熱い想いを胸に抱え…強く握手、抱擁をし…見送ってあげたのです…。

感謝の言葉未だなし

しかし…気がつけば…感謝の言葉は未だにありません…自分だけニートを卒業し…もう私のことなど忘れたのでしょうか?まるで感謝の言葉がありません…。

感謝しろとは言いません…しかし、普通…何か一言あるでしょう…それが何もない…考えられますか?何もないのです…私だけニートで未だに取り残されたままです…ちょっと考えられません…本当に考えられません…。

ニートで悩み苦しんできた同士を…涙を流し勇気づけ…ときには満面の笑みで笑い…強く鼓舞し…背中を優しく…何度も何度も力の限り押してきた…見送り続けてきた…その私が…最後の最後…ひとり…ニートとして取り残されておるのです…。

正直者、優しい者がバカを見るのか?

正直者がバカを見る…優しい者がバカを見る…そういうことなのでしょうか?涙を流し…下を向き…人生のどん底で落胆しております…涙を流し…どぶ水を飲んで落胆しております…。

私だって浮上したい…浮上して…本気で社会で働きたい…その気持ちを叶えることなく…未だに三畳一間で涙を流し…くすぶっておる次第でございます…。

そういう心構えではまたニートに舞い戻る

感謝をしろとは決して言いません…口が裂けても言いません…自分から言う言葉でもないですしね…しかし…感謝の心…助けてもらったら助け返す心…友情の灯…そういう大切なものを忘れるような心構えでは…残念ながら…またニートに舞い戻る…そう言わざるを得ません…。

そのときに…私に頼り…すがりつき…泣きながら…「また、ご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくおねがい申し上げます」と言われても…困ります…私は苦しい時の神頼みではないのです…それをお忘れなきよう…よろしくお願い申し上げます…。

反省なさい!そして己の心を改めよ

人を傷つけた気持ち…その気持ちを反省なさい…自分だけニート卒業…それでいいんですか?自分さえよければそれでいいんですか?

そんな気持ちじゃあ…厳しく…つらく…苦しかった…忘れもしないニートの修業期間…「何も学べてない」ということになります…「まるで成長していない」ということになると存じます…。

己の心を改めなさい…そして感謝する心と助けてもらった方への恩を…決してお忘れなきよう…何卒よろしくお願い申し上げます。失礼いたします。

動画

スポンサーリンク

-ニートの転職

© 2020 40代からの転職!現実と男の熱きpride