ニートの苦悩

もう限界…仕事が見つからん…職探し辞めたい…無職8年の代償とは

もう限界……仕事が見つからん……職探しにマヂで疲れた……もう本当に限界ぢゃわ……。今はただ絶望の中で涙流しちょる……涙がとめどなくあふれてきやがる……胸がすげえ張り裂けそう……。

もはやどうにもならない……日々の12~15時間睡眠で身体がまるで言うことを聞かんようになってしまった……。ネットで求人を見るだけでめまいと動機と息切れがしやがる……胸がすげえ苦しい……。心と身体がなんもしてねえのに疲れきって限界を迎えとるような気がする……。

知らず知らずのうちにサルの身体は仕事をしてない負い目からストレスを常に生じていたんかもしれん……。リンゴが腐敗するガス(エチレンガス)を出すかのように自然にサルの身体からガス(エチレンガス)が常に出ていたかのよう状態……。

社会の役に立ってねえ負い目がここまで精神をむしばむものぢゃったとは思いもよらんかった……。社会の役に立ちたい……笑顔で仕事したい……仕事後の疲労感を味わいたい……もう一度表舞台に立って仕事したい……もはや遠い日のことのように思う……。

無職ニートになって…気が付けば早8年…

30歳で無職ニートになり気が付けば早いもので8年経過……。8年という歳月は本当にあっという間ぢゃった……昨日のことのように思う……。あの日あの時あの場所……すべて思い出せる……。

マンションを解約して実家に引っ越した日……すげえ天気がよかったなあ……。母ちゃんもなんだかんだ言って歓迎してくれた……。サルのようなバカ息子を笑顔で受け入れてくれた……親孝行なんざなんもしてねえサルを笑顔で受け入れてくれた……。

3畳一間の部屋を綺麗に片づけ、プレハブ小屋のような部屋で一から出直すと誓った8年前……何もかもすべて昨日のことのように思う……。

涙がマヂとめどなく流れてきやがる……。胸が苦しい……。ただ一人絶望の涙がサルの頬を伝って流れやがる……。

無職ニートになって彼女にも振られた…

結婚を考えてた彼女にも振られた……。すげえすげえ好きだった彼女……その彼女にも無職ニートになって振られた……。

何もいらない……彼女さえいてくれたら何もいらない……それくらい好きだった彼女にも石ころを捨てるかの如く振られた……。

もう一度、もう一度だけでいい……彼女をもう一度サルの胸の中で感じたい……。あのときの「さよなら」が今も頭の中に響きやがる……。

炎がともったようなサルの青春……そして恋愛……その中には常に彼女がいた……あのときの微笑む君の笑顔が今も鮮明にサルの脳裏をよぎる……。

サルだけに見せてくれたくしゃくしゃの笑顔……サルだけのものだと思っていたけど……今は他の男にその笑顔を見せているんだよね……つらいよ……くやしいよ……。

サルと過ごした日々、春は花見、夏は花火、秋は紅葉、冬はスキー……すごくすごく楽しかったよ……温泉にも一緒に入ったよね……。

ファミレスでは他の男どもがサルの彼女である君を見ていたよね……サルはそれにすごく優越感を感じていたんだよ……自慢の彼女だったんだ……優越感を感じさせてくれてありがとう……。

サルが初めての人だったんだよね?そうだよね?そうだよね?サルは今もその言葉を信じてる……誇りに思っているよ!職場で同僚に聞かれたら常にそれを自慢してたんだよ。

互いの心にものすげーあちい炎が灯ったよね……ものすごく情熱的なあちい口づけ……今もその感触忘れられないんだ……もう一度したいよ……。いいや……何度でもしたい……サルの炎の灯はまだ消えてないんだ……忘れらんねえよ……忘れてたまっかよ……。

そして……もう二度とそのくしゃくしゃの笑顔を見ることはできないんだね……つらいよ……西日から差し込む強烈な夕日がサルの心を突き刺す……。

今は無職ニート8年目のただのおっさん……結婚だってしたかった……マイホームだってローンで建てる夢を実現したかった……。

もう叶うことのない夢……サルの身体と精神は8年間の無職ニート生活でさびついちまった……。もはや身体は動かない……あの頃の生き生きしたサルにはもう戻れない……。

8年前に戻りたい…戻れるなら…仕事を絶対に辞めるなと伝えたい…

夢の中で夢を見ることがある……本当にこの無職ニート生活が夢なんぢゃねえんかって……もう何度もそういった夢を見ちょる……そのたびに人生の絶望がおそいやがる……。

無職ニートになる8年前に戻りたい……本気でそう思う……。FXで金持ちになろうなんて夢なんて見るんぢゃなかった……自分の頭を鈍器で本気で殴ってやりたい……金持ちなんざ簡単にはなれない……安定した生活が一番大切ぢゃった……。

それに情けねえけど無職ニートになってたった1年目ですでに気が付いていた……普通の仕事に戻りたいって思っていた……。けど、自分の根拠のねえ金持ちになれるという自信と人生プランでズルズルと8年も経過しちまったよ……。

なんで仕事辞めちゃったかなあ……あのまま仕事を続けていれば、今頃……彼女と結婚して子供は8歳を迎えていたはず……それ考えると本気で胸が苦しゅうて苦しゅうてキューと心臓をつままれたみたいになりやがる……胸が苦しい……。涙がとめどなくあふれて止まんねえ……相当精神が病弱になっちょるのが分かる……。

最後に……

最後にこれだけは8年前の自分自身(もうおせーけど)と無職ニートの連中に伝えたい……。

今日できんやつは明日もできない……明日もできんやつは明後日もできない……明後日もできないやつは8年たってもできない……。

サルが実証した結果ぢゃわ……。笑えんジョークぢゃ……。夢なら覚めてほしい……この先の現実が迫りくる恐怖が無職ニートのサルをおそう……。めまいと吐き気と動機がやばえ……涙もとまんねえ……。

無職ニートの8年間の代償は重すぎる……失ったもの……かけがえのないもの……前世で何か悪いことでもしたんぢゃねえんかというくらい重いぜ……。

僕たちはもう働かなくていいって……これマヂかよ!?

これがほんまなら……まだ生きてようと思うぜ……。母ちゃんがもう80代で今後、すげー不安ぢゃったけど……これがほんまならまだ生きてようと思う。最後の最後にどんでん返しで人生ばら色になるかもしれんしな( ;∀;)幸せになりたいっすぅ……。

-ニートの苦悩

© 2020 40代からの転職!現実と男の熱きpride