ニートの婚活

6回目の婚活デート終了!時間にルーズは許さない!男の熱きプラン崩壊

6回目の婚活デートのプランを壊された男

お世話になります。婚活中の者です。

6回目の婚活デートから帰宅しました…しばらく放心状態で車の中で静観しておりました。ちょっとありえないです。社会人としてありえんすわ…ストレスがすごいです…歯を食いしばって我慢しました…歯をぐーと食いしばって…。

私の考えていたデートプランをめちゃくちゃにされました…30分以上も遅刻してくるし…ちょっと考えられませんね…「チビが泣くから…」って言ってましたが…言い訳はやめてほしかったです…じゃあ仕事のときはどうしているんだって話です…。1時に待ち合わせして…1時半になると言われ…2時過ぎに待ち合わせ場所にやって来ました…時間にルーズなのが一番腹立つんですよね…。

それに「お弁当は嫌」って言われました…「食べに行きたい」って言われました…その瞬間帰りたくなりました…「金がないことを何も理解してないのか?」「こっちは採用待ちで金欠なのをなぜ理解しようとしない?」怒りがピークに達する瞬間でした…。

それに「マスクを取らなければならない恐れもある」「マスクの中の無精ひげが見られるかも」「せめて歯磨きしてくればよかった」という強い後悔と不安感…必死にどの飲食店に行くか頭を巡らせました…脳みそフル回転で、ファミレスは若い人やカップル、ヤンキーがいるかも…それにドリンクバーが苦手なので、落ち着いたおじさん、おばさんの多い飲食店をチョイスしました。

飲食店に入るとやっぱりいいっすわ。涼しいし雰囲気良いし。周りの客が私をジロジロうらやましそうに見てくる。「あの男、めちゃくちゃ可愛い彼女連れてる」って…くふう…すげえ優越感味わいました…。これです…これ…これがデートの醍醐味なんですよ…これがあるからデートはやめられないんですわ…くふう…「生きててよかった」って思いましたね…「母ちゃん生んでくれてありがとう」って。

それに今日もお洒落な服装でした…スカートとヒールのサンダルのようなやつでした…好きなんですよ…そのファッション…女性らしさが出ますし…可愛いですし…すごい良かったです…幸せでした…思い出すだけで鼻息が荒くなります…もう彼女ですからね…自分のものです…自分の女です…たまらんです…これが恋愛の醍醐味なんです…くふう…たまらんです…。

目の前の皆さん…ほんの少しの勇気をふりしぼり行動さえすれば私のように夢を味わえる可能性があります。私は一歩踏み出しました。そして就活は採用待ち、婚活では彼女ができました。以前までの私はこう思っておりました。「どうせ僕なんかじゃあ彼女できない」「くさいし」「引きこもっているし」と下を向いて泣きながら部屋でゲームを毎日し…くすぶっておりました。けど、やっぱりうらやましいんですよね…カップルを見ると…で、私もほんの少しの勇気をふりしぼり…涙ながらに立ち上がりました。すると苦節40年…彼女ができました。

まず強い願望を持ちましょう…「彼女が欲しい…」「彼女が欲しい…」「彼女がほしい…」その願望が強ければ強いほど…夢に近づきます…では最後に皆様に勇気を与えるため勇者となり絶望から這い上がった男の息吹を送ります。一緒にお願いします。

何卒よろしくお願い申し上げます。失礼いたします。

スポンサーリンク

-ニートの婚活

© 2021 40代からの転職!現実と男の熱きpride